スポンサーサイト

--–--–-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シュラ買った

2008–02–26 (Tue) 00:38
20080225214744.jpg


ある日、キグナス氷河14歳がその辺を歩いていると。


20080225214959.jpg

まぁ大変! なにかよく分からないものに躓いて転んでしまいました。

20080225215056.jpg

氷河「何と言うことだ! 聖闘士たるもの道端でこのように軽々しく転び、あろう事か前髪をその辺に落としてしまった! しかも顔に怪我までしてしまうとはこの氷河、一生の不覚!」
顔の怪我は最初からでした。

ともあれ、氷河が前髪を落としてしまったのは事実、氷河は慌てて落としてしまった前髪を捜そうとするとどこからともなく山羊のお兄さんのシュラが現れました。


20080225215149.jpg

シュラ「俺はこの辺のヌシだ。小僧、お前今ここで何かを落としただろう」
氷河「ああそうだ、転んだ弾みで前髪を落としてしまったのだ」
シュラ「長い間色々な落し物を見たが、前髪を落としたのはお前が初めてだ」
氷河「フッ、この氷河を舐めてもらっては困る」
シュラ「まぁいい、お前に一つ問うぞ」
氷河「なんだと?」


20080225215328.jpg

シュラ「お前が落としたのは、銀のアヒルの付いた前髪か? それとも黄金のヘッドギアの付いた前髪か?」
氷河「それはアヒルじゃなくて白鳥だ」
お兄さんは続けます。

20080225215538.jpg

シュラ「それともこの、何の変哲も無いプレーンな前髪か? 正直に答えろ」

20080225215911.jpg

氷河「俺が落としたのはそんなにカッコイイ白鳥の付いた前髪でもなければ、そんなにCOOLな黄金のパーツが付いた前髪でもない、普通のプレーンな前髪だ」

20080225220004.jpg

シュラ「フッ、小僧。お前思ったよりも見所のある奴だな、よかろう」

20080225220113.jpg

シュラ「正直者なお前には、この黄金の山羊のマスクをくれてやろう!」
氷河「そんなもの要らん、いいから前髪を返してくれ」

20080225220239.jpg

シュラ「ではな正直者の小僧、さらばだ」
氷河「ちょっと待て! こんなちっともCOOLじゃない山羊なんぞ要らん!! 俺の前髪は?! さっき手に持ってただろう! オーーーイ!!!」
お兄さんはとてもクールな人で、いくら氷河が呼んでも前髪は返してくれませんでした。
メデタシメデタシ。

スポンサーサイト

 | TOP | 

プロフィール

亜沙花*

Author:亜沙花*
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。